町と歴史:観る・知る



明治20(1887)年~昭和32(1957)年
杵築の人。外交官としてイギリス、中国、ソ連等に赴任、のちに外務大臣となる。戦争回避に努めたが第2次世界大戦始まる。終戦時には降伏文書に国の全権代表として調印。戦後も改進党総裁、外務大臣等で国際的にも活躍した。   




明治23(1890)年~昭和47(1972)年
高松市の人。五高(現熊本大学)時代に綾部家に入籍。銀行、鉄道会社等を経て、昭和7(1932)年の総選挙で大分二区から四期連続当選、戦後公職追放されるが昭和33(1958)年国政に復帰、運輸大臣、衆議院議長を歴任した。旧市役所用地を市に寄贈。杵築市名誉市民。






明治8(1875)年~昭和48(1973)年
現豊後高田市の人で、一松家の養子となる。明治法律専門学校(現明治大学)卒。判事・検事・弁護士で活躍、鬼検事の異名。昭和3(1928)年に衆議院議員当選、以後衆・参両院議員に当選。昭和16年、議会で「大政翼賛会は憲法違反」と近衛文麿総理大臣、東條英機陸軍大臣らを追及した。私邸を市に寄贈(現一松邸)、杵築市名誉市民。