東京で修業後、世界の食通をうならせてきた、スペイン国境の3つ星レストランや南仏の2つ星ホテルのレストランなどで腕を磨き、故郷の杵築に戻ってきた三浦さん。「M.Miura」はその料理を愛する人たちが日本中から訪れる店でもある。それぞれの修業先で会得したフランス料理の美しさ、粗野な中にも食材の真の美味しさが際立つジビエ料理、そして四季を愛する日本料理の奥の深さ、三浦政智さんのセンスと経験、さらには故郷の思い出が料理となって表現されている。

このために帰ってきたといわんばかりに、漁港や農園、食材探しにどこまでも行く。こだわることをいとわない一方で、フランス料理を決して敷居の高いものにしない、そんな優しさも溢れている。1500円台の手ごろな値段で楽しめるランチや杵築ど~んと丼の参加メニューがそれ。

「ふと気付くと、守江湾と地中海、国東の連山とピレネーの山々、穏やかな風土や人柄、そして何より豊富な食材に、故郷杵築とヨーロッパに相通じるものがあるんです」と話す。



information
フランス料理 M.Miura
〒873-0033
大分県杵築市
大字守江1807-5
TEL0978-63-9826 
営業時間

11:30~14:00(ランチ)
17:30~21:00(ディナー)
定休日月曜のディナー・毎週火曜