地元のお土産:特産品|杵築市観光協会

杵築が誇る県内でも屈指の牡蠣の産地「守江湾」は、観光スポットとしても魅力的な土地になっている。

シーズン(11月~2月)になると、牡蠣の販売はもとより、新鮮な牡蠣をその場で焼いて食べることができる「カキ焼き」の店が海辺に並ぶ。それぞれに特徴ある店には多くの観光客も訪れ、お馴染みのお客さんも年々増加している。

牡蠣のシーズンは、観光のシーズンでもあり、この季節にしか味わえない杵築グルメを盛りたてている。



■関連情報

新着情報|[グルメ] 杵築の牡蠣 提供店舗

豊後別府湾ちりめんとも呼ばれている。昔から、別府湾で水揚げされるカタクチイワシの稚魚である「ちりめん」は、よく太っていて、大きさも揃っているなど、高品質で、高値で取引されてきた。

同じく別府湾水域である杵築で獲れたちりめんも「別府湾ちりめん」として人気が高い。

食べ方もいろいろで、生、釜揚げ、天日干しなど楽しめる。風味も味も豊かで、新鮮なうちに加工したものは、味も断然違う。


伊勢海エビと並ぶ高級エビの代表格である車エビ、大分県はその生産量全国第4位で、天然の車エビの多くが姫島村、宇佐市と並んでこの杵築で獲れる。

車エビの美味しさは何といってもあの甘み。新鮮であればあるほど味も甘みも濃厚で、車エビならではの美味しさを堪能できる。生のままで食べる「おどり喰い」を始め、塩焼き、酒蒸し、天ぷらにしてももちろん美味しい。

養殖技術や環境が整う杵築では、天然ものに並んで養殖の車エビの出荷も盛んだ。