日本人で初めて聖地・エルサレムに行き、ローマで司祭となった福者ペトロ・カスイ岐部の出身地である国東市をスタートし、城下町・杵築に佇む杵築カトリック教会を経て、日本に初めてキリスト教を布教した聖フランシスコ・ザビエルの聖遺物(身体の一片)が祀られている大分トラピスト修道院(日出町)へとつながる、日本発、九州・大分発の「オラショ巡礼の道」です。日本風景街道に選ばれた別府湾・豊後水道を望む海辺の道も通る111㎞(いい祈り)の道を歩きます。

 隠れキリシタンの墓標、ドン・シメオンの洗礼名を持つ黒田官兵衛にまつわる場所、福者加賀山半左衛門親子の殉教の地など、由緒ある史跡や名所旧跡がコース内に点在しています。

 そんなキリシタン文化に触れながら、国東半島独特の神仏習合文化をはじめ、杵築城や日出城址、武家屋敷など歴史文化に接し、泉都・別府の湯けむりを眺め、ザビエルが歩いて府内に向かったとされる山中を越えて行くと、茶葉香る「到達の丘」に立つ…。あと3.5㎞、文化と風土を感じながら大分トラピスト修道院のゴールを目指します。

 この道を歩けば、歴史に出逢い、偉人に出逢い、自然に出逢い、人に出逢う、たくさんの「出逢い道」でもあります。この「オラショ巡礼の道」が、国内外の人々に親しまれ、人の心を癒し潤すことを祈りつつー。





information
オラショ巡礼の道実行委員会
〒879-1592
大分県速見郡
日出町2974-1
TEL:0977-73-3158

杵築詳細地図
営業時間 平日8:30~17:00
ホームページhttp://www.oracio-junrei.com