大分県杵築市観光協会公式ホームページ

お祭りやイベント:楽しむお祭りやイベント:楽しむ




杵築を代表する農産物みかん。その名がついたみかん祭りは、40年も続く産業祭。そのミカンを始めとする地元の新鮮な農産物を始め、水産物の即売が人気を呼んでいる。

中でも毎年1番の人気を誇るのが、豊後杵築牛の焼き肉コーナー。この日のために用意されたとっておきの地元、豊後杵築牛の焼き肉が低価格で提供されるとあって毎年楽しみに待っているというファンも多い。

また、守江湾のカキ焼きコーナーでは、守江湾で採れた新鮮な殻付き生ガキを炭火で焼いてカキの美味しさを堪能。

この他、会場となっている杵築市健康福祉センターの特設お祭ステージでは、カラオケ大会やバンド演奏、健康を考える集いなども開かれる。また、苗木や花の苗が無償配布される。


■イベントデータ

開催日  2017年1月14日(土)・15日(日)
開催地 杵築市健康福祉センター
問合わせ先 杵築市農林課(電話:0978-62-3131) 




毎年2月上旬から3月上旬まで城下町のあちこちで伝統のお雛様が飾られる。県内各地で開かれる雛祭り(ひなまつり)の中で、お雛様を“ひいな”と呼ぶのはここ杵築だけ。城下町に因んで、古式ゆかしい“ひいな”の名で呼んだのが始まり。

展示される雛人形の中には、旧杵築藩主が所蔵していたものや藩医佐野家に伝わる貴重なお雛様も多い。他にも、享保時代から武家や商家で飾られてきたお雛様など、多彩なお雛様に出会えるのも杵築ならでは。お雛様を展示する会場前では目印のぼんぼりや花餅が飾られ、城下町の雛祭りの雰囲気を華やかに盛り上げる。

また、会場となっている所には、大原邸、杵築城といった文化財施設も少なくない。屋敷に飾られるひいなの風情はまた格別。小京都杵築らしく、着物でまち歩きをすすめるプロジェクトの活動も盛んで、着物のレンタルや着付けも行うなど、誰でも気軽に着物を着てひいなめぐりを楽しめる仕掛けはまさに杵築ならでは。


■イベントデータ

開催期間 2017年2月11日()~3月12日(
開催地 杵築市城下町一帯・杵築市山香町
問合わせ先 杵築市観光協会(電話:0978-63-0100)